学生アルバイトの斡旋について

学生の6~7割は学校から紹介した大学病院やクリニックなどでアルバイトをしています。
アルバイトの内容は主に放射線科または看護科の助手の仕事で、早くから医療機関での仕事に慣れる事ができます。
その経験を授業に生かすことが可能なのが、夜間校である本校のメリット。
 
3年と4年で行う病院施設の『臨床実習』の授業では、アルバイトの経験と知識を活かして、診療放射線技師の仕事の内容を一層深めることができます。
 
しかし、勉強とアルバイトの両立は慣れるまで大変な為、できるだけ早くからアルバイトをして生活リズムを作ることをオススメします。
アルバイトの斡旋は当校に合格して手続後から順次対応いたしますので、ご希望の方は事前に履歴書を郵送して下さい。
 
仕事の時間・日程等は様々なケースがある為、就業先と相談しながら決定します。
給与は月給制や時給制等です。(時給1000円~1200円位が相場です。)

 

アルバイトをしている在学生の声

2年 森山さん  山形中央 高等学校 卒業

昼間は学校から紹介してもらったクリニックで勤務しているのですが、一般撮影のポジショニングに関しては、学校で習ったことをすぐ使えますし、逆に病院で先に習ったことに関しては授業で復習ができます。

2年 若木さん  喜多方桐桜 高等学校 卒業

学校から紹介してもらった大学病院で仕事をしています。
授業で習ったことが現場で活かされることもあり、そんな時にすごくやりがいを感じます。また、次の授業が待ち遠しく楽しみが増えます。
勉強と仕事の両立は大変ですが、その日にできることはその日にやってしまい、後回しにしないよう心掛けています。