検査はもちろん、治療も担って最新医療に貢献し
人の生命と健康を守る診療放射線技師になる。


さまざまな画像検査に、核医学検査、放射線治療。現代医療の発展を促進している診療放射線技術の分野。
高度化著しいその分野を担う専門家が診療放射線技師。資格を取得すれば確実に活躍できる職種です。
城西放射線技術専門学校は、夜間の4年間で、確かなスキルと豊かな人間力を身につけた技師を育てます。

Voice of Student

昼間の仕事と学校の授業とがリンクし学びが深まります

五十嵐 雅之さん

診療放射線学科 4年
埼玉県立越谷東高等学校卒業

 

医療の仕事がしたいと思いながら、血を見ることは苦手。そこで高1の頃、探してみつけたのが診療放射線技師でした。昼間は技師の助手として、CTやMRI、エコー等の介助の仕事をしながら通学しています。仕事と授業がリンクして、知識や技術が深まることにやりがいを感じます。特に好きな授業は解剖学。先生が愉快で楽しいです。仲間の存在も心強く感じながら頑張っています。

結婚後にも人の役に立つ仕事を続けられる将来に向かって

齊藤 果菜子さん

診療放射線学科 4年
東京農業大学 応用生物科学部 生物応用化学科卒業

 

高校時代から診療放射線技師には興味があったものの、悩んだ末に大学の化学科へ。卒業後には一般企業に就職しました。でも、その仕事はあまりにハードで転勤もあり、結婚との両立は無理。結婚しても人の役に立つ仕事を続けたい、やっぱり診療放射線技師になろうと再出発を決めました。技師の助手の仕事に学校に、今もハードではありますが、得るものが多く最高に充実しています。

Voice of Teacher

新校舎の有効活用にも注力新しい実験等も充実させます

末永 光八先生

診療放射線学科 学科長
機器工学担当
実験・実習担当
私も本校の出身。後輩たちの気持ちがわかるので、多方面での最大限の支援に努めています。新校舎計画も担当。朝から落ち着いて自習のできる環境が整えられたことは、国家試験の合格率アップにもつながって、よかったと思います。新しい設備を活かした新しい実験も、ますます充実させていきます。また、医療機関でのアルバイト経験は就職後にも活きるので、斡旋に尽力しています。