医師へ正確な診療画像を提示し、病気の早期発見に貢献します。
ガン治療においても医師以外で放射線が扱えるのは診療放射線技師だけです。

診療放射線技師は厚生労働省認定による国家資格です。
放射線の技術は正しく使用しないと人体に害を及ぼす危険性がある為、専門知識が必要です。
そのため高度化する医療技術の中で、放射線診断・治療に関わるスペシャリストとして、現代医療に欠かすことのできない存在です。

診療放射線技師が関わる検査・治療

画像検査

レントゲンやマンモグラフィー、CT、透視検査等、X線を用いる検査。超音波を用いるエコー検査。磁気と電波を利用するMRI検査。
各種の画像診断装置で人体の内部を撮影し、医師に情報を提供します。
的確な診断や治療に役立つ画像を撮れるか否かは、技師のスキルにかかっています。

 

核医学検査

微量な放射線を発する物質(ラジオアイソトープ、RI)を含む薬を体内に投与して、体外の様々な角度から撮影する検査で他の検査ではみつけにくい異常の発見が可能です。なお、体内に投与したRIが発する放射線により、がんを治療する「核医学治療」もあります。

放射線治療

放射線の照射によって、がん細胞を死滅させたり、減少させたりする治療。体の外から放射線を当てる「外部照射」と、体の内に放射性物質を入れて照射する「内部照射」の二つがあります。「核医学治療」「アイソトープ治療」と呼ばれる治療法も内部照射の一種です。

放射線管理

1.個人モニターによる被ばく線量測定等の「人の管理」
2.放射線取扱施設からの漏洩線量測定等の「施設・環境の管理」
3.放射線を放出する「線源の管理」
以上3つを対象に、放射線を扱う専門家として、放射線の安全利用を徹底させるための管理を行います。

 

本校を卒業後も働きながら大学・大学院に通った経験を生かして、より良い環境づくりに取り組んでいます。

本校は『昼働き・夜学ぶ 国家資格でキャリアアップ』という働きながら学べる学校です。そのために、月曜日から土曜日まで夜に授業を行います。時間の空いた学生がいれば、朝10時から勉強ができる環境も整えています。私もそうでしたが、社会人を経験して異なる道を目指そうとする学生。高校を卒業してすぐに入学する学生。入学前の環境はそれぞれ違うかもしれませんが、入学後は目的は同じです。一緒に自分の夢に向かって頑張りましょう!

学科長 末永 光八 先生