夜間に通える、
仲間に会える城西放射線技術専門学校で
医療のスペシャリストになろう!

病気の早期発見を実現させる診断はもちろん、最新の治療においても大活躍。
診療放射線技師は、現代医療において、必要性・重要性が増す一方の専門職(国家資格)。
人の生命や健康を守ることのできる、やりがいあふれる職種です。
働きながら夜間の4年間で診療放射線技師をめざせる城西放射線技術専門学校では、
高校新卒者から社会人まで、さまざまな仲間が支えあい、刺激を与えあいつつ学んでいます。
昼間の病院等での仕事の経験からも、大きなアドバンテージを得ています。
長年培ってきた実績と、近年完成した新校舎が、効率よく充実した学びをお約束します。

新しい校舎に設備が充実!

皆さんを待つ学び舎は、2013年11月に完成してまだ年月の浅い新校舎。
地上4階、地下1階、きれいで気持ちがよいことはもちろん、最新の機器や快適な設備を充実させて、夢の実現を応援しています。

普通教室

通常の授業はこの教室で行います。                    午前10時より自習も出来ます。

各種教室

自習や実験など、用途に合わせて使い分けます。

CT実習室

X線を照射して横断面を撮影をすることで、病変の診断が出来ます。

超音波(エコー)検査実習室

体の表面から超音波を送り、はね返ってきた超音波を画像化します。

眼底カメラ装置

目の奥の写真を撮影して高血圧による目の病気などを発見します。

マンモグラフィ―実習室

乳がん検査のためのX線撮影検査で、女性技師が活躍しています。

X線実習室全景

1,2年次のX線撮影実習で使用します。

一般X線撮影装置

全身の各部位の撮影が出来ます。