ごあいさつ

人として、プロとして求められる、
診療放射線技師になってほしい。

城西放射線技術専門学校
校長 新藤 博明

 

本校は、診療放射線技師の養成校として長い歴史を持ち、すでに4,500名以上の卒業生を世に送り出すほか、確固たる実績を積み上げてきました。学生の中には、父親が学んだこの学校で、父と同じ仕事をめざしたいという学生も入学しており、2代にわたって信頼いただいていることを誇りに感じます。
私は、学生たちに「患者様からも他の医療スタッフからも、信頼されるような診療放射線技師になってほしい」と、常々言っています。そのためには、高度化する診療放射線技術に応えるために勉強し続けることが大切ですし、医療従事者としての精神的な成長も欠かせません。もちろん、育成にあたる私たちの責任も重大です。これまでの実績に甘んずることがないよう、謙虚に前向きに、理想的な教育環境を追求していきたいと考えています。