卒業生:松村さん

卒業年度:2020年3月卒業
勤務地:東京都 総合病院

夜間課程だから出来ること。

当初は大学進学を目指していましたが、就職前に医療機関で働くことで現場を知ることができること、様々な年代の人と接することで自分自身が成長出来ると感じて第一志望で受験しました。当初は夜間校ということで反対していた両親は在学中に様々な経験をしていく姿を見て、卒業後は通わせて良かったと言われました。
 

在学中のアルバイトについて教えてください。

1年次から4年間、心臓の画像専門クリニックでアルバイトをしていました。学業との両立は大変でしたが、職場の皆さんの配慮で、体調を崩すことなく勤務できました。医療機関でアルバイトするメリットは、就職する前に現場で撮影に携われること。それが授業の予習・復習となって深い理解に繋がること、そして日ごろの患者さまへの接遇経験が、病院実習の際に活かせ、良い評価をもらえることです。
 

夜間校に通われて、いかがでしたか。

クラスメイトには様々な年齢の学生がいました。グループワークでは年齢を気にせずに意見を出し合うことができました。それも、診療放射線技師になるという同じ目標があったからこそだと思います。高校の同級生とは授業時間が異なりましたが、日曜や祝日、長期休暇はだいたい同じだったので、疎遠になるということもありませんでした。
 

今後の目標を教えてください。

勤務先が総合病院のため、各診療科のドクターから撮影依頼があり、その意図を汲み取って臨機応変に対応することが求められます。その中で撮影した画像が病気の早期発見に繋がること、マンモグラフィーなど女性技師として必要とされていることにやりがいを感じています。医療機器が日々進化していく中で、自分自身の技術を向上させ、知識を持って患者さまに寄り添える診療放射線技師になることが目標です。