卒業生:長内さん

卒業年度:2019年3月卒業
勤務地:東京都 大学病院

大学編入で開けた視野、学術的な視点を合わせ持った診療放射線技師を目指して。

高校時代に放射線について調べる機会があり、危険が含んでいるにも関わらず有用に扱うことで病気の早期発見に貢献出来ることに憧れを抱くようになったことがきっかけでした。その中で、自分の学力にふさわしいこと、昼間に働いて夜間に学ぶバランスのとれた生活が出来ると考えたのが入学の決め手になりました。臨床実習へ行った際に高い技術力に満足せずに研究活動にも注力している技師に感銘を受け、肩を並べられるような技師になるため、卒業後は大学へ編入しました。
 

在学中はどのようなアルバイトをしていましたか。

放射線診断専門のクリニックでCT,MRI検査の補助に携わっていました。技師の仕事を間近で見られたため授業の復習になったこと、医療人としての接遇マナーを学ぶことができたのは、働くことで得られたメリットでした。しかし、働くことを優先するあまり、学業が疎かになってしまうこともあるので、目標は国家試験合格だと心得ておかないといけません。
 

大学編入を経験して感じることは何ですか。

臨床実習で大学病院に行った際に高い技術力を有していながら結果に満足せず、さらに研究活動にも注力している放射線技師の姿に感化され、彼らと肩を並べられる技師になるために大学編入を決意。同様に希望する同級生はいなかったので不安でしたが、先生方に支えていただき乗り切ることが出来ました。大学編入後、同級生は国家試験の勉強も必要でしたが自分は資格取得者だったので、その時間を研究に費やすことができました。
 

就職先に出身地や大学所在地ではない都内に決めた理由は。

放射線技師としてキャリアを積むために、様々な症例を数多く撮影する経験が必要と思っていました。人口の多い東京都であれば、その様な経験ができると考えたからです。就職活動では、大学病院を中心に視野に入れていたので難易度も高く、国家試験や臨床に関する知識が水準だったため、臨床に関する知識を中心に勉強していました。

 

就職した現在、大学へ編入してよかったと思う点はありますか。

大学病院で学術的な視点で学べたことです。大学病院では、勉強会・セミナーへ参加する機会があります。それに伴って、論文を読む必要もあり、統計学など医療とは異なる分野の知識も必要になります。職場の先輩による指導も、論文で扱われていた内容がもとになっていることもあるので、大学で学んだ学術的な視点は役に立っています。
 

現在の業務内容、今後携わる業務について教えてください。

現在は手術室の撮影と新生児の撮影をしています。どちらも特殊な状況下での撮影の為、応用力が必要とされます。特に新生児はじっとしていないので細心の注意を払って撮影に望んでいます。今後は特定の部門で専門性を高めていくことになると思います。その際は部門のエキスパートとして同僚だけではなく、医師や看護師からも信頼を得られる放射線技師になることが目標です。