卒業生 : 滝沢さん

卒業年度 : 2020年3月卒業
勤務地 : 埼玉県 総合病院勤務

成長できる環境があります

入学前は理系の大学に通っていましたが、講義の内容に興味が持てずに中退しました。再出発を目指し、高校時代の先生に相談したところ、放射線技師を勧められました。それは、大学で学んでいた分野が放射線技師になる為の勉強内容に関連し、知識が無駄にならなかったからです。また本校は夜間学校で、学費を工面する為に就業学生を推奨・サポートしているのも入学の決め手でした。
 

よき友人たちとの出会いが支えに

周りの友達とは何でも相談できるような間柄でした。自分から年上の友達に相談を持ち掛けることもあれば、相手から相談を受けることもありました。最初は違和感もありましたが、気が付いたら何でも言い合える仲になっていました。
卒業した今でも彼らとは交流があります。今後も彼らとの関係性は大事にしていきたいと思っています。
 

在学中から将来働く自分をイメージする

就業と学業の両立は、臨床と座学が学べるという利点があります。在学中は整形外科クリニックで働き、ポジショニング補助を担当していました。授業内容ともリンクしており、就業を通じて授業の予習・復習を実感していました。また、ドクターによる患者さんへの説明に同席したことは、技師になった今でも生かされています。ですが、就業と学業の両立は大変です。日々の過ごし方・入学後の生活をイメージして計画を立てることで、充実した学生生活が送れると思います。