先輩たちに聞く、診療放射線技師との出会いや働きながら夜間に学ぶ日々のこと。

高校新卒者から現役の社会人まで。本校では、実にさまざまな学生が、同じ目標に向かって学んでいます。ここでは彼ら彼女らが、診療放射線技師という職業に出会って本校に入学したきっかけや、抱いている思い、どんな日々を送っているのかを、それを見守る教員たちの声とともにご紹介します。

慣れない事ばかりの毎日ですが、目標を持って充実しています。

皆川さん

診療放射線学科 2年
岩手県立千厩高等学校卒業

昼間に働き夜間でも技師になれる学校がある事を知り、高校卒業と同時に上京し入学。現在は整形外科医院でアルバイトをしています。

一人暮らし、勉強とアルバイトを同時にスタートさせたので慣れない事ばかりで忙しい毎日ですが、同じ目的のクラスメイトと助け合いながら力を付けています。

わたしの一日
午前 6:00 起床 朝食を食べて、軽く家事をしてから出かけます
8:00 勤務先へ 通勤時間は1時間。その時間を利用して予習・復習します。
9:00 勤務開始 学校より紹介されたクリニックで勤務しています
授業でわからない所を教えてもらうことも。
午後 16:00 勤務を終えて学校へ向かいます。
17:00 学校到着 クラスメイトとの話している時間が一番楽しい!!
18:00  授業開始 (1日2コマなので、集中して聞くようにしています)
・好きな教科は撮影技術学。アルバイトで見たX線フィルムの撮影方法や画像の見方がわかるので。
21:10 授業を終えて帰宅。翌日の事を考えて、早めに帰ります。
22:30 帰宅。遅い時間なので、バランス良い食事をするよう心掛けています。
復習をして、時間があれば趣味など好きな事をします。
23:00 通常はこの時間に就寝。

自分のペースで学んで苦手を克服。患者様の健康を支えたい。

野田さん

診療放射線学科 2年
フェリス女学院大学 音楽学部 音楽芸術学科卒業

医療の仕事に携わりたい、と学校を探していた際に説明会に参加。
高校から理系科目の勉強から遠ざかっていましたが、基礎から教えてもらえる事と自分と同じように社会人から学ぶ人も多い事を知り、入学を決意しました。技師の仕事を近くで見られることが勉強へのモチベーションとなり、勉強にも気合いが入る毎日です。

わたしの一日
午前 6:00 起床し、授業の準備をして家を出ます。
通勤に約1時間かかるので、車内では疲れて寝てしまうことが多いです。
8:00 アルバイト開始 健診センターでアルバイトをしています。長年、城西生を受け入れているので夜学生に理解があり、在校生も就業いているため心強いです。
午後 12:00 勤務が終了し、学校へ向かいます。
13:00 学校についてから昼食を取り、復習。校舎は新しく、午前中から勉強したい学生にとって自習しやすい環境です。
17:00 クラスメイトが登校し始めるので、雑談も含めて話しをする時間が楽しいです。
18:00 授業開始。大事なポイントを押さえて、復習しやすくなるよう心掛けています。
21:10 授業が終わり、まっすぐ家に帰ります。
22:30 帰宅 勉強に集中できない時は翌日に頑張るように、趣味など好きな事をします。
24:00 就寝

忙しい毎日でも多くの経験が自分に自信を持たせてくれます。

カワジャバリさん

診療放射線学科 4年
千葉県立多古高等学校卒業

「夜間で働きながら学ぶ」という自分を成長出来る環境で資格を取得し、新天地へ挑戦したい!と思い入学を決意。
現在はクリニックで一般撮影やCT検査の補助を行っています。勉強時間が取りにくいですが効率よく勉強するコツも身につき、2年次には放射線取扱主任者1種も取得。
努力すればするだけ自分に自信がつき、目的を持って頑張る毎日はとても充実しています。

わたしの一日
午前 6:00 起床 寝るのが遅いので、ぎりぎりまで寝ています
7:30 出勤。通勤時間は1時間かかるので、暗記カードや携帯アプリで勉強
8:20 職場に着き、検査の準備をします。
入学手続き後から開始したアルバイトは3年目になります。
9:00 業務開始。リハビリや医療事務業務を手伝うこともあり、別分野に接することも良い経験です。
午後 17:00 退勤 学校へ向かいます。
18:00 1日2コマなので、眠いけど集中して聞くようにしています。
アルバイトの内容が授業で役立つこともあるので、理解が深まります。
21:10 授業が終了。同じ目標を持つ仲間と話しながら帰るのは良い息抜きになります。
21:30 帰宅。一人暮らしなので、家事を済ませてからレポートや復習をします。
試験前はこの時間から集中して勉強します。
0:00 就寝。

Voice of Student

働きながら学べる城西を選んで正解だったと思います

鈴木 千波さん

診療放射線学科 4年
群馬県立
太田女子高等学校卒業

 

看護師の母の影響を受け、志した診療放射線技師の道。働きながら通学したくて城西を選びました。昼間は診療放射線技師の助手の仕事をしています。授業で学んだことが仕事に活かせたり、仕事で教わったことが授業で深く理解できたり。本当に良かったと思います。勉強は簡単ではないですが、仕事のあい間に復習したり、仲間と得意分野を教えあったりしながら力をつけています。

Voice of Teacher

早期に取り組み始めれば働きながらの国試も楽勝です

二ノ宮 弘明先生

診療放射線学科
診療画像検査学担当
実験・実習担当

私も本校の卒業生。大学を出て信金に勤めていましたが、母の病気を機に医療の道を志し、27歳で入学。病院に転職しました。国家試験を迎えても働き続けていましたが、早くから対策を立てていたので楽勝でしたよ。卒業後も同じ病院に10年勤めて本校に迎えられました。もともと教職にも興味があったので、現代医療になくてはならない職業をめざす後輩たちの力になるべく励んでいます。

社会に貢献しうる医療人となるよう期待しています

渡邉 淳先生

診療放射線学科
画像工学担当
放射線物理学担当

本校の学生のほとんどは、昼間何らかの職業に就いており、年齢層も幅広い構成となっています。そのような環境の中、診療放射線技師になるという目標を共有していることから、団結力に溢れた良き伝統があると思います。現代医療の世界は日進月歩であり、診療放射線技師の果たす役割も拡大しています。その担い手となり、社会に貢献する医療人として成長することを期待しています。

本校の授業と、日々の勉強の積み重ねが、国家試験に対応できる実力になります。

伊勢田 環先生

診療放射線学科
放射線計測学担当
実験・実習担当

私も、昼間仕事をしながら本校に通った卒業生の1人です。本校のカリキュラムも年々進化しており、実験・実習・研修など、座学以外にも力を入れています。本校で学び、勉強したことは、卒業してからも必ず役に立ちます。また、学生時代に出会えた先生方や仲間達は、将来にわたり大事なものとなります。学生が充実した学生生活を送れるよう、多方面からのサポートに尽力していきます。