歴史と新校舎のもと、夜間課程ならではのアドバンテージあふれる学生生活があります。

「仕事と授業の相乗効果で理解が深まる」。「いろんな仲間が同じ目標に向かって支えあえるから頑張れる」。
「宿泊研修は皆と仲良くなれて楽しかった」。「先生方が頼りになる」。「校舎や立地に恵まれていると思う」。
先輩たちも力説する、本校ならではのアドバンテージがいっぱいの4年間が待っています。

学費や生活費と貴重な経験一石二鳥を得ながら学ぶ

本校では、ほとんどの学生が働きながら通学しています。診療放射線技師の助手をはじめ、看護助手や病院の事務等、医療機関でのアルバイトが中心です。学費や生活費を得ながら、日々の勉強にも将来の活躍にも役立つ貴重な経験を得ることができ、まさに一石二鳥となっています。4年間、同じ職場に勤める人も多く、卒業後にはそのまま就職するケースもあります。また、中には「視野を広げたい」と、一時期違う職種に就く人も。接客業が多く、その経験も、患者様への接し方のスキル等に活かされています。

医療機関でのアルバイトを学校が紹介しています

多数の提携医療機関でのアルバイトを紹介できるのも本校の特長です。技師として活躍する卒業生が、後輩を招いてくれることが非常に多いという点でも恵まれています。

さまざまな年齢・経歴の学生がかけがえのない仲間になる

本校には、多彩なバックグラウンドを持つ学生が集まります。高校新卒の人、大学・大学院・専門学校卒の人。営業職だった人、事務職だった人、主婦もいます。学年により差はありますが、高校新卒者は約3割。女子学生も約3割です。
入学前には年齢差を心配する人もいるようですが、入学後にはどのクラスでも、それぞれの経験や得意分野を活かして助けあい、とても仲良く学んでいます。どの学生も「仲間がいるから頑張れる」と言い、卒業後にも励ましあえる、かけがえのない仲間を得ています。

後進の育成に熱い思いで尽力し慕われ頼られている講師陣

本校の教員は、診療放射線技術の発展や未来の担い手の育成に心血を注ぐ者ばかり。豊富な臨床経験を活かして教育にあたりながら、さらなる自己研鑽にも励み続ける専任講師。大学病院等の第一線で活躍しながら、後輩の教育にも使命感を抱く非常勤講師。頼もしい顔ぶれが、親身な指導・支援に力を尽くしています。学生からも「先生方の技術はすごい」「授業時間外の質問や相談にも、とことん応えてくれる」と、尊敬され、慕われ、頼りにされています。

校内設備も、立地環境も快適・効率的な学びを支えます

2013年11月に完成した新校舎は、夜間過程のみの学校でありながら専用校舎。実験・実習設備が充実することはもちろん、学科教室や、廊下のベンチやロッカー等も便利で快適。ビタミンカラーの配色も、元気を与えてくれます。仕事のない日には、朝10時から自習に取り組むことができ、国家試験の勉強もはかどります。池袋から1駅。便利な都心でありながら、落ち着いた街並みに包まれるロケーションも、学びの場として最適といえるでしょう。

みんなで楽しく盛り上がる思い出になるイベントも

入学直後には、1泊2日の校外研修を実施。新入生同士、また教員との絆が築かれています。1・2年次の5月には、大きなスポーツイベントがあります。30余年の歴史を誇る「関東診療放射線技師養成施設体育大会」。関東各地で診療放射線技師をめざす仲間が集まる大会で、毎年とても盛り上がります。前期定期試験成績発表日に行われる全学年参加の交流会(食事会)や3年次の工場見学、4年次の放射線医学総合研究所の見学なども楽しい思い出を作ってくれるでしょう。

学校行事

  • 入学式
  • 校外研修(1年)
  • 健康診断(全学年)
  • 関東放射線技師教育施設体育大会(1・2年)
  • 病院施設見学(1年)
  • 創立記念日
  • 学生夏休み(全学年)
  • 交流会(全学年)
  • 学生冬休み(全学年)
  • 卒業式
  • 学生春休み(1~3年)