医療従事者に不可欠な思考力や人間性を培う
「基礎分野」

医療従事者になるための土台を築くのが「基礎分野」。まず科学的な思考力を養うべく、大学の一般教養レベルの数学、物理学、化学、生物学、基礎科学を修得します。これらは放射線を学ぶための基礎力としても必要となる科目です。また、医療を担う者の心構えや医療の社会的な役割を知るために、人文科学、社会科学を修得。そして、英語の論文を読む力、英語で検査をする力を身につけるべく、英語・医療英語も学びます。

人体の構造、医療分野の理工学や放射線を学ぶ
「専門基礎分野」

診療放射線技師になるための基礎的な知識を修得するのが「専門基礎分野」。身体のしくみや病気の原因などの医学の基礎。各種診断装置の動作原理を理解するための基礎的な理工学。医療に用いる数学や情報処理。そして、放射線の科学・技術。放射線を生物に照射した際の影響といったテーマもあり、放射線を扱う実験もあり、興味は尽きないことでしょう。

診療画像、核医学、放射線治療、実務領域を修得する
「専門分野」

将来の実務に直結する学びに取り組むのが「専門分野」。X線撮影、超音波撮影、コンピュータ断層撮影、さまざまな診療画像の撮影法や機器の特性や性能について。核医学検査の方法や薬品・機器について。放射線治療の機器・器具、適切な照射方法について。それらを通じてプロに求められる検査や治療のスキルを身につけます。また、医療において放射線を安全に管理するための知識・技術、法律等も修得します。

Voice of Teacher

理数系やパソコンが不安な人もしっかりフォローしています

冨栄 博行先生

診療放射線学科
数学・生物学・基礎科学担当
体育・理工学実験担当

 

基礎分野の理数系科目を中心に担当。文系出身の学生にも理解しやすい指導に努めています。授業には、書き込み式のプリントを多用するなど集中しやすい工夫を凝らし、補講にも力を入れています。また、パソコンが得意でないという人にも丁寧に教えますので安心してください。1・2年次に導入されている体育も担当。スポーツイベントに向けた楽しい練習の時も応援しています。