看護・介護学実習を行いました。

本校では座学だけではなく、実際に放射線技師になった際に役立つよう実習を行っています。

その一環として、例年、看護・介護学の授業で身体の不自由な方を撮影台へ移動する実習などを行っています。

車椅子に触れるのは始めてという生徒も多く、当初はぎこちない移動でしたが、徐々に上達していきました。

検査には身体の不自由な人も多く、患者に寄り添う医療人として自覚する実習になったのではないでしょうか。

先生方、参加した皆さんお疲れ様でした。