検査はもちろん、治療も担って最新医療に貢献し 人の生命と健康を守る診療放射線技師になる。

さまざまな画像検査に、核医学検査、放射線治療。現代医療の発展を促進している診療放射線技術の分野。高度化著しいその分野を担う専門家が診療放射線技師。資格を取得すれば確実に活躍できる職種です。 城西放射線技術専門学校は、夜間の4年間で、確かなスキルと豊かな人間力を身につけた技師を育てます。

医療従事者に不可欠な思考力や人間性を培う 「基礎分野」

医療従事者になるための土台を築くのが「基礎分野」。まず科学的な思考力を養うべく、大学の一般教養レベルの数学、物理学、化学、生物学、基礎科学を修得します。これらは放射線を学ぶための基礎力としても必要となる科目です。 また、医療を担う者の心構えや医療の社会的な役割を知るために、人文科学、社会科学を修得。そして、英語の論文を読む力、英語で検査をする力を身につけるべく、英語・医療英語も学びます。

ここに動画が表示されない方はFlash Playerをインストールしてください

[講師インタビュー]

人体の構造、医療分野の理工学や放射線を学ぶ「専門基礎分野」

診療放射線技師になるための基礎的な知識を修得するのが「専門基礎分野」。身体のしくみや病気の原因などの医学の基礎。各種診断装置の動作原理を理解するための基礎的な理工学。医療に用いる数学や情報処理。そして、放射線の科学・技術。放射線を生物に照射した際の影響といったテーマもあり、放射線を扱う実験もあり、興味は尽きないことでしょう。

診療画像、核医学、放射線治療、実務領域を修得する「専門分野」

将来の実務に直結する学びに取り組むのが「専門分野」。X線撮影、超音波撮影、コンピュータ断層撮影、さまざまな診療画像の撮影法や機器の特性や性能について。核医学検査の方法や薬品・機器について。放射線治療の機器・器具、適切な照射方法について。それらを通じてプロに求められる検査や治療のスキルを身につけます。 また、医療において放射線を安全に管理するための知識・技術、法律等も修得します。

昼間の仕事と学校の授業とがリンクし学びが深まります

五十嵐 雅之さん ■診療放射線学科 3年 ■埼玉県立越谷東高等学校卒業

医療の仕事がしたいと思いながら、血を見ることは苦手。そこで高1の頃、探してみつけたのが診療放射線技師でした。昼間は技師の助手として、CTやMRI、エコー等の介助の仕事をしながら通学しています。仕事と授業がリンクして、知識や技術が深まることにやりがいを感じます。特に好きな授業は解剖学。先生が愉快で楽しいです。仲間の存在も心強く感じながら頑張っています。

結婚後にも人の役に立つ仕事を 続けられる将来に向かって

齊藤 果菜子さん ■診療放射線学科 3年 ■東京農業大学 応用生物科学部 生物応用化学科卒業

高校時代から診療放射線技師には興味があったものの、悩んだ末に大学の化学科へ。卒業後には一般企業に就職しました。でも、その仕事はあまりにハードで転勤もあり、結婚との両立は無理。結婚しても人の役に立つ仕事を続けたい、やっぱり診療放射線技師になろうと再出発を決めました。技師の助手の仕事に学校に、今もハードではありますが、得るものが多く最高に充実しています。

理数系やパソコンが不安な人もしっかりフォローしています

冨栄 博行先生 ■診療放射線学科 数学・生物学・基礎科学・体育担当 放射線生物学・理工学実験担当

基礎分野の理数系科目を中心に担当。文系出身の学生にも理解しやすい指導に努めています。授業には、書き込み式のプリントを多用するなど集中しやすい工夫を凝らし、補講にも力を入れています。また、パソコンが得意でないという人にも丁寧に教えますので安心してください。1・2年次に導入されている体育も担当。スポーツイベントに向けた楽しい練習の時も応援しています。

主な臨床実習病院(2015年)

●朝霞台中央総合病院

●板橋中央総合病院

●杏林大学医学部附属病院

●慶応義塾大学病院

●埼玉メディカルセンター

●聖マリアンナ医科大学病院

●聖路加国際病院

●東京医科大学病院

●東京慈恵会医科大学病院

 

●東京大学医学部附属病院

●東京都済生会中央病院

●東京都立広尾病院

●東京都立多摩総合医療センター

●東京都健康長寿医療センター

●戸田中央総合病院

●日本医科大学付属病院

●日本赤十字社医療センター

●日本大学医学部附属板橋病院 ほか