城西放射線技術専門学校

学科紹介[診療放射線学科]

診療放射線学科

現代医療の多様なシーンに貢献する診療放射線技師 人の命と健康を守れるスペシャリストになる。

歴史と実績、強い意志を持つ学生、熱意ある教職員が揃っています

line 1960(昭和35)年、城西レントゲン技術専門学校の名でスタートして50余年。城西放射線技術専門学校は、診療放射線技師の養成校として、長い歴史と確かな実績を持つ学校です。昼間は働きながら、夜間に学ぶ4年間。そんな課程を選択した学生たちの意志はとても強く、教職員たちもそれに応えたいと、熱い思いで指導・支援にあたっており、高いスキルと豊かな人間性を兼ね備えたプロへと育つ環境があります。 活躍している卒業生も多く、その母校への思いも強く、就職活動はもちろん昼間の仕事や病院実習でも、後輩たちを支えてくれています。

医療従事者になるための土台を築く「基礎分野」

line 科学的な思考力や豊かな人間性。医療従事者となるために不可欠なベースを培うのがこの分野。数学、物理学、化学、生物学。これらは放射線を学ぶにあたっての基本でもあるため、大学の一般教養レベルの基礎力・応用力を身につけます。人文科学、社会科学。これらを学ぶ目的は、医療従事者の心構えや医療の社会的な役割を知ることです。また、英語・医療英語も学び、英語の論文を読む力、英語で検査をする力も養います。

診療放射線技師になるための基本を学ぶ「専門基礎分野」

line 医療に携わるのに必要な基礎知識。放射線を取り扱うのに必要な基礎知識。それらを修得するのがこの分野。たとえば、身体のしくみや病気の原因、医療に関連のある理工学の基礎、放射線の科学・技術などを学びます。放射線の測定法や、放射線を生物に照射した際の影響なども学ぶので、興味が深まってくるはずです。

診療放射線技師としての実務に直結する「専門分野」

line 診療放射線技師が担う実務の領域を学んでいくのがこの分野。CT(コンピュータ断層撮影装置)やMRI(磁気共鳴画像装置)、超音波診断装置、ガンマカメラなどの最新の画像診断機器。リニアック(直線加速器)などの治療装置。さまざまな機器の特性や性能を知り、それらを用いた画像検査技術、治療技術を身につけます。また、法令にのっとった放射線安全管理が行える知識・技術も修得します。
資料請求はこちら
学校説明会・体験入学はこちら
arrow 城西放射線技術専門学校 携帯ホーム
arrow 交通アクセス