城西放射線技術専門学校

診療放射線技師とは?

診療放射線技師とは?

診断はもちろん治療スタッフとしても
診療放射線技師が必要とされています

診療放射線技師(国家資格)は現代医療に不可欠な存在

line 診療放射線技師は、他の医療専門職と比べても、まだまだ一般によく知られていない職業かもしれません。その名を耳にしても、ただ「レントゲンを撮る人」と考える人も多いことでしょう。しかし、実際には、現代医療のさまざまなシーンに欠かせない専門職であり、とても重要な役割を果たしているのです。
診療放射線技師は、医師・歯科医師の指示のもとで、診断・治療のために放射線を取り扱う資格を持ったスペシャリストです。より良い診断・治療をめざして、高度化する現代医療。切実となっている、がんの早期発見や治療。病気を未然に防ぐための予防医療への期待。そうした中で、放射線の役割は増すばかり。診療放射線技師の活躍の場も広がる一方、重要性も高まる一方なのです。特に近年は、乳がん検診の普及などにより、女性技師の必要性も急速に増しています。医療の分野で人の役に立つ、専門性の高い仕事がしたい。そんな人には見逃せない職業です。


診療放射線技師とは、どんな資格ですか?

line 病院や診療所において、X線撮影装置やX線透視装置、X線CT装置やMRI装置、超音波診断装置などの各種画像診断機器を使った検査の他、放射性同位元素で標識した放射性医薬品を使って行う核医学検査、直線加速器等により発生させた高エネルギー電子線やX線を用いた放射線治療などの仕事に携わることができる資格です。
医師・歯科医師を除けば、病院や診療所で放射線を使った検査や治療に携わることができるのは診療放射線技師だけです。


どんな知識が必要ですか?

line 診療放射線技術のスペシャリストである診療放射線技師になるためには、放射線や放射性同位元素に関する知識と、それらを利用した検査・治療に関する知識が必要です。
検査・治療の対象は人間ですから、解剖学や病理学・生理学等の医学的知識ももちろん欠くことができません。さらに、MRIやX線CT、超音波診断装置などの最新の医療機器を扱うわけですから、理工学・コンピュータおよび情報処理に関する知識も必要になります。


城西放射線技術専門学校 ではどんな勉強をしますか?

line 人体の構造と機能及び疾病の成り立ちなどに関する基礎医学および臨床医学の基礎、保健医療福祉における理工学的基礎と放射線の科学と技術、及び診療画像技術学、核医学検査技術学、放射線治療技術学、医用画像情報学、放射線安全管理学等の専門分野に関する知識・技術を座学及び実験・実習・臨床実習を通して学びます。
資料請求はこちら
学校説明会・体験入学はこちら
arrow 城西放射線技術専門学校 携帯ホーム
arrow 交通アクセス