医療の発展を支える診療放射線技師は
やりがいも将来性もあふれる職種

診療放射線技師(国家資格)の必要性・重要性は増すばかり

医師・歯科医師の指示のもと、診断・治療のために放射線を取り扱う。それが診療放射線技師に与えられる資格であり仕事。医療行為を担うことができる、数少ない専門職です。予防医療やがん治療をはじめ、現代医療の発展に多大な貢献をする分野であり、活躍の場は広がる一方です。

Uターン就職や再就職もしやすく 女性の生涯の仕事にも適します

国家資格であり、需要の多い診療放射線技師。全国どこでも活躍することができ、Uターン、Iターンも容易です。また、近年は特に女性技師の必要性も増しており、女性ならではの活躍もできる職種です。出産や育児で離職をしても再就職がしやすく、生涯仕事をしたいという女性にも最適です。

診療放射線技師の仕事

画像検査

レントゲンやマンモグラフィー、CT、透視検査等、X線を用いる検査。超音波を用いるエコー検査。磁気と電波を利用するMRI検査。各種の画像診断装置で人体の内部を撮影し、医師に情報を提供します。的確な診断や治療に役立つ画像が撮れるか否かは技師の腕次第です。

核医学検査

微量な放射線を発する物質、ラジオアイソトープ(RI)。それを含む薬を体内に投与して、体外のさまざまな角度から撮影する検査。他の検査ではみつけにくい異常の発見が可能です。なお、体内に投与したRIが発する放射線により、がんを治療する「核医学治療」もあります。

放射線治療

放射線の照射によって、がん細胞を死滅させたり、減少させたりする治療法。体の外から放射線を当てる「外部照射」と、体の中に放射線物質を入れて照射する「内部照射」があります。「核医学治療」「アイソトープ治療」と呼ばれる治療法も内部照射の一種です。

放射線管理

(1)個人モニターによる被ばく線量測定等の「人の管理」。
(2)放射線取扱施設からの漏洩線量測定等の「施設・環境の管理」。
(3)放射線を放出する「線源の管理」。
以上3つを対象に、放射線を扱う専門家として、放射線の安全利用を徹底させるための管理を行います。